ロードサービス奮闘記
北海道の最東端でJAFのロードサービス指定店をしている自動車整備工場です。ザ―レンオイルの取扱もしています。軽4から大型トラックまで取り扱いしています。知床峠から尾岱沼までが出動範囲です。
検索

Google

google

プロフィール

ootsu

Author:ootsu
道東-標津町にある自動車整備工場です。JAFのロードサービス指定店でもあります。軽自動車から大型トラックまで対応します。
自動車の事なら、整備から故障診断まで気軽問い合わせしてください。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
~JAF出動の記録~  ある日の出動、、その3
2006/01/23 18:21 [Mon]
category:地域情報
--厳寒の出動--
数年前の1月5日・・朝の6時から出動依頼。場所は野付半島先端にある駐車場とのこと・・・この野付半島は、夏場には色取り取りの花が咲く原生花園としても知られている場所である。冬には、吹きさらしとなり非常に風が強い場所だ。
状況は、エンジンが止まってしまった・・・・らしい。取りあえずは現場に向かう。20分ほどで現場に到着する。状況を詳しく聞くと昨夜から車の中でエンジンを掛けたまま車中泊をしていたらしい。車のナンバープレートは本州になっている。車の向きが海側になっているために「もしや・・」と思いマフラーの出口を覗いてみると完璧に氷で詰まってしまっていた。「無事で良かったですね」と声を掛けるが意味が分からないらしい。「もしかすると排気ガス中毒で危険だった」事を後から教えると、ようやく意味が理解できたようである。

真冬の北海道は、外気温が-20度。排気ガスが出るマフラーは、エンジンに近ければ温度が高いが、出口ではマフラー管自体の温度が低下し、そこから熱い排気ガスが排出されるために、水蒸気が発生する。それが管の中を凍らせる原因となる。

間一髪で無事だった会員さんは、マフラーの中の氷を溶かしてから次の目的地に向かっていった・・・

本州でもスキー場などで、雪によりマフラーが隠れて排気ガスによる事後が発生している。冬場は、特に気を付ける必要を、お忘れなく・・

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://roadservice1.blog4.fc2.com/tb.php/8-03168371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。