ロードサービス奮闘記
北海道の最東端でJAFのロードサービス指定店をしている自動車整備工場です。ザ―レンオイルの取扱もしています。軽4から大型トラックまで取り扱いしています。知床峠から尾岱沼までが出動範囲です。
検索

Google

google

プロフィール

ootsu

Author:ootsu
道東-標津町にある自動車整備工場です。JAFのロードサービス指定店でもあります。軽自動車から大型トラックまで対応します。
自動車の事なら、整備から故障診断まで気軽問い合わせしてください。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
良くある出来事
2007/02/10 14:30 [Sat]
category:未分類
PICT0648-2.jpg

写真のネコは、3年前の初冬、我が家に突然の居候となった「ニャン吉」君。
雪が降る前の、「この秋、一番の冷え込み」と天気予報が伝えた朝、「すいませーん、ハンドルが重いのですが・・・」とお客さんが工場に尋ねてきました。「判りました」と答えながら「パワーステアリングの関係かな・・」と思い若い整備士に指示を出したところ、その整備士がボディ下部をのぞき込み「ネコが居ます」と叫んだ。
「なにぃー」と思いながらのぞき込むと、こちらを「すまなそうに見ながら」「ニャー」と悲しそうな声で一泣き・・・・

「うわー、ベルトに子猫が挟まれている・・・」と思いつつエンジンを止めたところ「スルっ」と子猫が床の上に降りてきました。大丈夫何だろうか・・・と思いつつ子猫を確認すると後ろ足や尻尾付近に大怪我を負っている状態。

いったん子猫を段ボールの中に保護してから、お客さんの車を点検し異常が無いことを確認した段階で、お客さんはネコを引き取らずに帰ってしまいました・・・

子猫の入った段ボールを見ながら、しばし考え・・・・捨てる訳にもいかず愛犬の掛かり付けである動物病院に向かいました。この動物病院の先生は趣味が私と同じ釣り好きな事と、日頃から野生動物の保護をしている事から今回の子猫に関しても、格安の料金で入院と手術をしてくれました。

その後も、里親を探してもらいましたが、引き受け手が無く、最終的に我が家の居候となってしまいました。

晩秋の冷え込んだ時に、良くある出来事なのですが、ネコが暖かいエンジンルームに入り込み、知らないでエンジンを始動し・・・と言うことが、少なからず起きています。
近所にネコが居る方などは、注意をする必要もあります。
そんなに多い事ではありませんが、こんな事もたまたま起きます・・・
スポンサーサイト

 │ 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。