ロードサービス奮闘記
北海道の最東端でJAFのロードサービス指定店をしている自動車整備工場です。ザ―レンオイルの取扱もしています。軽4から大型トラックまで取り扱いしています。知床峠から尾岱沼までが出動範囲です。
検索

Google

google

プロフィール

ootsu

Author:ootsu
道東-標津町にある自動車整備工場です。JAFのロードサービス指定店でもあります。軽自動車から大型トラックまで対応します。
自動車の事なら、整備から故障診断まで気軽問い合わせしてください。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
融雪剤の置きみやげ
2006/04/26 16:33 [Wed]
category:自動車用品
04-26.jpg



写真の縞模様に見える部分は、この円盤(ディスクローター)を挟み込んでブレーキを効かせるディスクパッドが、当たっている部分。逆に錆びている部分には、ディスクパッドが当たっていない証拠である。



降雪地帯では、冬期間の道路上に融雪剤を散布しアスファルト路面を出すようにしている。この何年かは、通称「塩カリ」と呼ばれる塩化カリウムの散布量が非常に増えてきている。以前の統計では、2003年の北海道全体の散布量が1995年時点の6倍もの量になっているとのこと。

自動車の安全を確保する最重要な部品の一つが、このディスクローターとディスクパッドだ。このディスクパッドをローター(円盤)に押しつける部品がディスク・キャリパーと言う。
60~80キロからのブレーキングでは、この両者の摩擦により非常に高熱になるのは、皆さんも理解してもらえるでしょう。冬期間の融雪剤散布によって通常走行時に高熱になっているこの部品に、アルカリ成分を含んだ冷たい水が常に降りかかる事により、かなりの悪影響が出ることを理解してもらえることと思います。

ディスクパッドをローターに押しつけるキャリパーと言う部品は、ブレーキオイルにより金属製のピストンを使用し、ディスク部分をローターに押しつける。このキャリパー事態も常に動くようになっていて、その動く部分をゴムによって防水加工をされている。しかし常に高温にさらされ、そして冷たい水を掛けられる事により、可動部が固着し動かなくなってしまうことが多くなってしまう。そして最終的には、写真のように「ブレーキを掛けていないのに、ブレーキ状態」が続き、このブレーキ3点セットを交換・・・と言う羽目になってしまうことが多くなっている。

すべてを交換すると、金額もかなり掛かってしまうために普段から使用している際に・・

・ブレーキから異音がしないか・・
・ブレーキの効きが悪くないか・・
・ブレーキを踏んだときの感触は・・

この事を気にしながら乗ることで、大事を小事に変えることが可能である!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
【 管理人のみ閲覧できます 】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/15 18:02
| # [ 編集 ]

【 管理人のみ閲覧できます 】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/18 10:06
| # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://roadservice1.blog4.fc2.com/tb.php/15-702086b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。