ロードサービス奮闘記
北海道の最東端でJAFのロードサービス指定店をしている自動車整備工場です。ザ―レンオイルの取扱もしています。軽4から大型トラックまで取り扱いしています。知床峠から尾岱沼までが出動範囲です。
検索

Google

google

プロフィール

ootsu

Author:ootsu
道東-標津町にある自動車整備工場です。JAFのロードサービス指定店でもあります。軽自動車から大型トラックまで対応します。
自動車の事なら、整備から故障診断まで気軽問い合わせしてください。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
アメリカン・スタイル
2006/04/10 13:44 [Mon]
category:未分類
北海道東部で生活するには、マイカー(自分の自動車)は必需品である。公共交通は、路線バスが1時間に1本とぼの割合で走っている程度となっている。以前、標津町には、標津線と言うJR路線があったが、国鉄民営化のアオリを受けて20年ほど前に廃止となってしまた。この当時は、国鉄の最北東端の駅として、当時、「カニ族」と呼ばれたバックパッカーには、馴染みの駅であった事もある。

話を戻して・・・
この道東では愛車の走行キロ数が、年間で3万キロと言う人もかなり多い。中標津町が、この地方の中心町であるが、大きいショッピングセンターなどが、集中しているので羅臼町や根室市から週末になると出かけて来る人が大勢いる。羅臼町から中標津町までは、片道70キロ。根室市から中標津町までも同等の走行となる。

よくアメリカなどの映画では、バンパーやフェンダーなどが凹んだままの車の姿が写しだされるが、自動車の使用方法がアメリカに似ているこの地区でも同様の姿が多くなってきているのを、この数年実感できるようになってきた。走行数の増加に伴い、ブレーキ周りなどの不具合が多くなってきているのが、この数年の特徴である。

週に一度の買物(食料の仕入)が、定着しているこの地方では、自動車の使用方法が、アメリカと同様になってきているのが大きな特徴であろう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://roadservice1.blog4.fc2.com/tb.php/13-cc67cb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。